屋我地のくくる

屋我地島の魅力はこちらのサイトから

​やがじMAPや宿に沖縄そばにCAFEまでいろいろ♪

屋我地島

沖縄本島北部に位置する羽地内海に浮かぶ島屋我地島は 島に向かう道路から見ると前方後円墳のように見え沖縄県の塩の発祥地でもある塩田跡地もあり 人気の観光スポット古宇利島の手前の島になります。 羽地内海のおだやかな海辺やワルミ海峡、古宇利島などが 眺められる風光明媚な島で 周辺には岩とも思える小島や マングローブ、干潟があり景観がとても美しく、自然を楽しむことが できる島です。 干潟には、シギ・チドリ等の渡り鳥が飛来し、 高さ10mを超える オヒルギ(マングローブ植物)を含めた3種類の マングローブが生育していて カニ、ヤドカリなどの生き物の宝庫となっています。 またパイン畑とさとうきび畑の広がる、昔ながらの沖縄を感じられるのどかな島です。

済井出大潮

古宇利大橋

屋我地島と古宇利島を結ぶ全長1960mの古宇利大橋は両サイドに美らブルーが広がりまるで海の上を走っているよう! 屋我地島の北側に位置する古宇利島。エメラルドグリーンの海に囲まれた周囲8kmほどの小さな島は、 沖縄本島から車でアクセスできる美しい離島として知られる場所。 古くから“恋島(くいじま)”と称されるロマンティックな島の雰囲気を、ゆっくりと楽しんでください。

古宇利ビーチ

古宇利島の入口にあるビーチです。 橋の下に広がる透明感あふれ橋からみえるエメラルドブルー 基本的に遠浅の海なので、ビーチでまったりしたり、 海でプカプカ浮かんだりするにはいい感じ まさに「のんびり」するためのビーチ! 海水浴にオススメのビーチです。

ハートロック

JALの先得CMでジャニーズの嵐が訪れた 人気急上昇スポット「ハートロック」! 島の北側に広がるティーヌ浜には、2つの岩が重なるとハートに見える“ハートロック”があり、旅人たちの目を楽しませています。

トケイ浜

古宇利大橋を渡った反対側、古宇利島の最北端にあるトケイ浜は、周回道路から海へと伸びる小道を歩いた先にたどり着く、自然のままの静かな美しい浜。 穴場的なビーチです。

ワルミ大橋

橋長315.0メートル、アーチ支間210.0メートルの上路式RC固定アーチ橋で、沖縄県道248号屋我地仲宗根線の一部を構成する。2010年(平成22年)12月18日に開通した。 合成鋼管アーチ巻立工法によるアーチ橋としては日本国内で最長、アーチ橋としても日本国内で5番目の長さの橋梁である。 ワルミ海峡(ワルミ水路)は、屋我地島の西側で東シナ海と羽地内海とを隔てる海峡で、本部半島と屋我地島に挟まれている。この海峡は運天港の一部で、荒天時の避難泊地である羽地内海に出入りする船舶が通過する。ワルミ大橋の下に2,000トン級の船舶を通すために、橋の構造としては上路式アーチが採用された。クリアランス高さは37.2メートルである

エメラルドビーチ

『穏やかな波が打ち寄せる北部を代表するビーチ』 海洋博公園内にある、ビーチ!『快水浴場百選』 にも選ばれ、水質が最高ランクのAA本島屈指の 透明感を誇る鮮烈なコバルトブルーが楽しめます。

美ら海水族館

沖縄美ら海水族館は、沖縄本島北西部の本部半島備瀬崎近くにある国営沖縄記念公園・海洋博覧会地区内の水族館で、管理・運営は一般財団法人沖縄美ら島財団。「チュらうみ」とは沖縄の方言で「清〔きよ〕ら海」という意味。 大水槽を泳ぐジンベエザメやイルカショーが人気で、沖縄県の著名な観光地です。 沖縄北部にドライブに来られたら定番の観光スポットです。

フクギ並木

備瀬地区は、碁盤の目のように区画した村落で、 約250戸ある住宅のほとんどは繁茂したフクギの屋敷林に囲まれています。この集落一帯に見られるような風景は台風の多い沖縄ならではのもの。フクギは沖縄では古くから防風林として用いられ、特に海の近くにある集落の屋敷の周りには多く植えられました。数千本に及ぶとみられる備瀬のフクギのなかで、もっとも古いものは推定樹齢300年といわれています。

古宇利大橋

屋我地島と古宇利島を結ぶ全長1960mの古宇利大橋は両サイドに美らブルーが広がりまるで海の上を走っているよう! 屋我地島の北側に位置する古宇利島。エメラルドグリーンの海に囲まれた周囲8kmほどの小さな島は、 沖縄本島から車でアクセスできる美しい離島として知られる場所。 古くから“恋島(くいじま)”と称されるロマンティックな島の雰囲気を、ゆっくりと楽しんでください。

Go to link